ナナオの世界

ナナオの日常とか活動とか。
ナナオのこと色々。

読書

お久しぶりに
ささやかな読書感想文です読書

今回読んだのはコレ!

東野圭吾さんの著書
「さまよう刃(ヤイバ)」
角川文庫から出てます。

“考えさせられる本”であるらしいことと
“重い”内容であるらしいことは前から聞いてたけど
それを知っててあえて読んでみました。
けど・・・やっぱ重いわぁ・・・楽しい汗
感想は・・・一言では言えないけど

『面白いけど、コワくて・哀しくて・切なくて・重くて・考えさせられた』

コワかったわ・・・冷や汗 んで考えさせられたわ・・・。

内容をザックリと申しますと
「未成年の少年グループによって陵辱された末に死に至ってしまった
 一人娘の復讐に乗り出した父親とそれを追う警察やマスコミ。
 遺族感情としての怒りや悲しみ。
 刑事達の公務と人としての感情のギャップ。
 正義とは何か・・・」
を考えざるを得ないお話です。
今現在の裁判制度やこれから始まる裁判員制度について、
さらには“未成年者による犯罪を裁く”ということはどういうことか・・・
などについて、とても考えさせられます。
このお話に登場する少年グループによる犯罪内容が私にはショッキングなものだったので、子供にはオススメしませんが
高校生以上の“大人”には是非一度読んでみてもらいたいなぁと思いました。
読み応えあるよ。


  • 2008.06.23 Monday
  • 16:55

Comments

Post a Comment








Go to top of page

カレンダー

<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930